雅子さま56歳お誕生日のお気持ちは?皇后、妻、母親として

雅子さまの想い『愛子さまへ』

どこの家庭でもそうだと思いますが、雅子さまにとっての子育ても決してトラブルがないものではありませんでしたよね。

雅子さまはお誕生日の会見で、愛子さまについてお話しされていました。

「愛子は早いもので今年高校三年生になり、先日18才の誕生日を迎えました。今まで以上に様々な経験を積み重ねながら視野を広げていく時期になると思います。心豊かに過ごしていってほしいと思います。」

このように成長されるまでには、愛子さまが学校に行くのが困難立った時期や、急激にお痩せになって痛々しく思われることもありましたが、雅子さまと愛子さまは心を合わせて乗り越えてこられました。生き物を愛する優しい性格は雅子さま譲りですね。

雅子さまの想い『天皇陛下へ』

「いつも私の体調をお気遣いくださいますことに心より感謝申し上げます。私も天皇陛下のお務めの重さを常に心にとどめ、陛下をおそばでお助けできますように健康の一層の快復に務めながら皇后としての務めを果たし、陛下とご一緒に国民の幸せに力を尽くしていくことができますよう努力して参りたいと思っております。」

雅子さまの想い『国民の方々へ』

5月の一般参賀や11月の国民祭典、祝賀御列の儀などのおりに多くの国民の皆様から思いがけないほど本当にあたたかいお祝いをいただきましたことに心から感謝しております。私にとりまして、かけがえのない思い出として心に残り、これからの歩みを進めていく上で、大きな支えになってくれるものと思います。」

今年は宮中晩餐会や即位関係の行事が多く、私たちは天皇皇后両陛下の晴れやかなお姿をたくさん見ることができてラッキーでしたね。

ただ、まだ完全に快復したとは言えない雅子さまにとって、数多くのスケジュールはかな。ハードだったのではないかと思います。

これからも体調に気を付けながらのご活躍に期待したいですね。

タイトルとURLをコピーしました