【速報】小島一朗被告判決を発表!事件の前に残されたメモとは?

一生、釈放されたくないと願い、新幹線で衝撃的な事件を起こした小島一朗被告(23)に判決を言い渡されました。

判決は【無期】 懲役判決です。

小島一朗被告は事件を起こす前にメモを書き残していました。

メモの見出しは、『人生でやり残したこと』

結局、1、2、3のどれでもなく、1番最悪なシナリオを選んでしまったのですね。

養子縁組、発達障害…

確かにこれまで彼の精神状態や生い立ちは生きやすいものではなかったでしょう。

暴れる小島被告に脅えていた(祖母から見て)厳しい実の親と、(私から見て)甘やかし、年金の入ったキャッシュカードを渡して好きなようにさせていた祖母。

大変勝手ながら、子育て中の母親でもある私から見て、彼にとって本当に必要だったのは『心の治療』『療育』だったと思います。

それが保護者としての愛情と責任ではないでしょうか。

ですが、必要な愛情を与えられなかったからと言って、彼を許す気持ちにはとてもなれません。

どのような判決が出ても、なくなった方と残されたご家族、罪もないのに突然傷つけられた方が体だけでなく、心に負った傷は癒えないのですから…。

タイトルとURLをコピーしました