【友達が欲しい】昼休みひとりぼっちの小学生の子供にお友達ができたきっかけ 

我が子が昼休みにひとりぼっち

「お子さんは昼休みは一人で過ごしていることが多いようです。」

担任の先生にそう言われたら・・・?

私はまさにそう言われた母親です。

我が家の長男は、幼稚園の年中組~小学2年生の中ごろまで、昼休みや、幼稚園での自由時間のお外遊びはほぼ一人で過ごしていたようです。

昼休み、一人でどこにいたのか?我が家の長男の場合

クラスのお友達が、大人数で校庭でサッカーやドッヂボールを楽しんでいるときに我が子は一人で何をして過ごしていたのか?

先生、教えて下さい!

「長男君は校庭の隅にある観察池のほとりに座っていたり、裏庭の草むらや側溝にいるようです。」

校庭の隅!裏庭!草むら!!側溝!?

可愛い我が子が昼休みを過ごす場所としては、なかなかに衝撃的なキーワードばかりです。

昼休み、一人でどう過ごしていたのか?我が家の長男の場合

「学校の池にはね、お魚の他にアメンボとかカエルとか、ヤゴとかもいるんだよ!」

「学校の裏の側溝にはたくさんイモリがいてね、ときどきすごく大きなのを捕まえられたら嬉しい!」

「草むらにはいろんな虫がいるからたくさん捕まえてニワトリ小屋のニワトリにプレゼントするんだ~

ゴキブリが大好物なんだよ!

・・・なんだか別の意味で衝撃的なキーワードが飛び出した気はしますが、とりあえず本人は好んで校庭の隅や裏庭の側溝で昼休みを過ごしていたようで・・・。

昼休みに一緒に遊ぶお友達ができたきっかけ

「長男君が仲間外れにされて一人でいるのでなくてほっとしたけど、

母としてはニワトリやイモリだけじゃなくて人間の男の子のお友達とも楽しく過ごして欲しいなぁ。 」

そんな私の切なる願いが叶えられました!

2年生の2学期のPTAのあとに担任の先生に

「長男君、最近は昼休みよくA君と遊んでいるようですよ」

と告げられたのです。

Aくんは違う保育園の出身で、運動神経抜群で運動会でも持久走大会でも毎回一位のとっても目立つ男の子です。目立つのが嫌いな長男とはまったくちがうタイプ・・・。

一体どうして一緒に遊ぶようになったの?

「昼休みにAくんがぼくにおまえ一人でなにやってるのっていうから、ちょうど捕まえてたヤモリ見せたの。

そしたら、すげーすげーって言って。もっとおっきいのさがそうって一緒にさがしてるの。

ゴキブリをニワトリにあげたらニワトリが取り合いでけんかするから、二人でニワトリの人数分集めてるんだ」・・・

A君、長男と遊んでくれてありがとう。

そしてA君のお母さん、変な遊びを教えてしまって申し訳ありません。

その後の長男とA君【中学生】↓

結論。小学低学年の頃は一人でいても気にしなくても大丈夫な場合が多い。

「長男君のお母さん。

小学1,2年生のうちは昼休みや休み時間に一人でいてもあまり気にしなくても大丈夫なことが多いんですよ。

急に集団生活になったので逆に休み時間ぐらいは一人で過ごしたい子も多いんです。

実際、お友達はいても昼休みは一人で本を読んだり、絵を描いている子もいますから。

長男君も普通にお友達はいるので、自分がお友達の輪の中に入って遊びたいと思えば入れるはずです。」

毎年たくさんの児童を見ていらっしゃる先生がおっしゃると説得力がありますね。

タイトルとURLをコピーしました