頭痛が多い春 薬剤師が選ぶ1番よく効く頭痛薬はコレ!

春は頭痛が起きやすい季節

頭痛持ちのアラフォー主婦すみれです。今の時期はまわりのママ友も常に頭痛薬を持ち歩いている人、多いです。せっかく暖かくなってきたのに▪▪▪。

実は過ごしやすい季節である春は、頭痛持ちにはつらい季節って知ってますか?


季三寒四温というけれど、寒暖差が体にこたえるなー。なんとなくだるくて、仕事も遊びもやる気がわいてこない……。せっかくの春を元気で満喫できるようになるには、どうすればいいんだろう?

春は日々の寒暖差や、低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる気圧変動が大きい季節です。
寒暖差に対応するため自律神経の一つである交感神経優位が続くと、エネルギー消費が増え、疲れやだるさを感じやすくなります。
自律神経には、体を活動的にする交感神経とリラックスさせる副交感神経があり、2つがバランスをとりながら、心臓や腸、胃、血管などの臓器の働きを司っています。この自律神経、自分の意思ではコントロールできず、ちょっとしたストレスでもバランスが乱れてしまいます。

サワイ健康促進課より抜粋

みなさんは、お気に入り(?)の頭痛薬ってありますか?「私はコレじゃなきゃ効かない~」というこだわりのある方もいらっしゃいますね。私自身は特に決まっていないのですが、先日現役薬剤師の方に『コレが1番!よく効く頭痛薬』を教えていただきました~!

現役薬剤師ならこの頭痛薬を選ぶ!それは…

「私が頭が痛くて、市販の頭痛薬を1つ選ぶならまちがいなくナ○ンエースを買う」

dav

ハイ。バレバレですよね。どの薬局にも必ず置いてあるであろうナ○ンエースです。彼女が言うにはナ○ンエースは痛みを押さえるには市販薬の中では最適の薬なのだとか。専門用語でよく理解できなかったのですが、市販の頭痛薬の中ではナ○ンエースでしか使用されていない有効な成分もあるのだそうです。(←本当に理解してない…でもナ○ンエースがとにかく優秀というのだけは理解できた)

実は痛み止め意外の効能も…

薬剤師の選ぶ頭痛薬、ナ○ンエースですが、実は痛みを和らげる意外の効能もあるとのこと。「その効能が間接的に頭痛を和らげることにも繋がることも多いんだけどね」と薬剤師さんが教えてくれました。「ナロ○エースにはイライラとか、ストレスを軽減する成分も含まれているんだよ。現代人の頭痛ってストレスが引き金になることも多いから、そういう人には鎮痛成分と合わせて特によく効くと思う。」と言うことです。ストレスから頭が痛くなる人には特にオススメということですね!しかも、ナ○ンエースの説明書きには【頭痛▪生理痛にはやく効く】と書いてあります。ということは、生理中にイライラしてお腹も頭も痛いという女性にも最適かもしれませんね?!

ナ○ンエースのデメリット

頭痛によく効く市販薬No.1と言うだけあって、強い成分が含まれているので何かお腹に入れるか、水分を多目に摂って服用するようにとのことです。また眠くなることがあるので、車の運転にはくれぐれも注意して出来るだけ控えた方が良いそうです。ちなみに薬を飲んでから30分後ぐらいから効きはじめるそうです。

☆この記事はあくまでも2019年3月に入手した私個人の情報です。服薬の際にはご自分の責任で最新の情報を元に服薬してください。

タイトルとURLをコピーしました