天皇家ペットの犬と猫はシンデレラ?!雅子さまと愛子さまがタヌキのお世話も

天皇家のペット犬 由莉ちゃん(ゆりちゃん)

天皇家で飼っている犬の由莉ちゃん(ゆりちゃん)はよくメディアにも登場するので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

https://www.nippon.com/ja/japan-data/より

なんとも可愛くて賢そうなワンちゃんですよね。

天皇家で飼われているペットといえば、

「血統書付きのどんなにお高い犬種なんだろう?」

と考えてしまう庶民は私だけではないはず。

ですが、なんとゆりちゃんは血統書付きではなく雑種なのです。

しかも、動物病院で保護されているのをまだ子犬の時に譲り受けたのだそうです。

天皇家のペット猫 セブンちゃん

天皇家では猫ちゃんも飼われています。

猫のセブンちゃんです。

お顔立ちの整ったキジトラちゃんですね。まるで手袋をはめたような白いお手々がキュートです。

猫のセブンちゃんも、犬のゆりちゃんと同様に保護されているところを譲り受けたという経緯で、皇室で飼われるようになったそうです。

まさに動物版シンデレラストーリーですね!

なんて強運なワンちゃんと猫ちゃんなのでしょう!!

動物への愛を感じる愛子さまの卒業文集、工作

動物が大好きな愛子さまは、動物愛にあふれた文集や書を書かれ、工作を作られているので、紹介します。

桜愛集より
桜愛集より

桜愛集は愛子さまが小学6年生のときのものです。すばらしい文集ですね。

雅子さまがタヌキを助けられたことも

愛子さまがこのように動物愛にあふれた優しい性格の女性に成長されたのは、父である天皇陛下と母である雅子さまの影響であることは言うまでもありません。

特に雅子さまは飼っているペットだけでなく、他の動物へも深い愛情を持っていらっしゃいます。

雅子さまが赤坂御用地で怪我をしたタヌキを見つけられたことがあります。雅子さまはタヌキを動物病院に連れて行き、治療を受けさせたあと、怪我が治るまで一時的に保護されていたようです。

回復したタヌキを放すときには、愛子さまはタヌキの家族や友達と無事に会えるかどうかを心配されていたとか…

本当にお優しい天皇一家ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました