鹿児島『お茶の花』のランチバイキングのメニューと感想(写真多数)

鹿児島ではひそかに好評価の『お茶の花』のランチバイキングに行ってきました。

『お茶の花』の場所

お茶の花パンフレットより

○場所:鹿児島市春山町1065番地1都市農村交流センターお茶の里内

お茶の花 営業時間▪料金

○ランチ【60分制】:11~15時最終受付 大人1380円、65歳以上1080円、小学生800円、小学生未満600円、3歳児まで無料(すべて税込)

○ディナー(土日祝のみ営業)【90分制】:17時30分~20時最終受付 大人1500円、65歳以上1280円、小学生980円、小学生未満700円、3歳児まで無料

『お茶の花』外観と店内の様子

『お茶の花』は都市農村交流センター『お茶の里』の中のレストランになります。

シンプルで清潔なテーブル席です。気候が良い時には外のテーブル席でも食事ができるのかな?

『お茶の花』4月の限定メニュー

「苺と生ハムってどうなの?」と思いましたが、美味しかったです。生ハムに合うのはメロンだけじゃないんですね!

『お茶の花』のバイキングメニュー紹介(写真多数)

和洋中とメニューが豊富でした。野菜がたっぷりで女性には嬉しいですね。あと珍しいのはドリンクに黒酢があったこと。どの料理を食べても美味しくて、これで大人1300円はお得だなって思います。


今回初めて知ったのですが、『お茶の花』は、『ふく福』や『寿庵』と同じ寿福産業グループのレストランなのですね。どうりで、うどん▪そばやしゃぶしゃぶのお出汁や、揚げ物類が美味しいと思いました!納得です。

あとやはり緑茶が薫り高く美味しかったです。いつもはデザートのときにはコーヒーを飲むのですが、せっかくお茶の名所ですので。

『お茶の花』は予約できる?

私は11時半頃に来店しましたが、その時点でテーブルは8割ほど埋まっている状態でした。そのあとはお客様が途切れずウェイティングが発生していました。お料理もデザートもお茶も美味しくて、大皿の料理がなくなるとすぐに新しいものを持ってきて下さいます。店員さんは皆さん感じが良くて、常にお店の中に気を配っている様子でした。人気の高いのも納得です。きっとリピーターの方も多いのではないでしょうか?

ぜひとも予約をおすすめしたいところですが、店員さんに確認したところ、2019年4月現在、予約できるのは土日のディナーと平日のランチのみということでした。

『お茶の花』は子連れやお年寄りも利用しやすい

小さなお子様でも食べやすいうどんや優しい味のパンナコッタ、果物もありますし、子供用の椅子も用意してあります。

お年寄りの好む和食メニューやヘルシーなお料理が豊富で、年配のお客様はちらし寿司のところに並んでいらっしゃいました。バリアフリーのお手洗いもあったので安心だと思います。

しかも、『お茶の花』と同じ敷地内にはきれいな桜と子供が思いっきり走り回れる公園と遊具があります。食事の前後にも楽しめますね。

番外編☆『お茶の里』

『お茶の花』と繋がってます。地元のお花やお野菜、特産物などが販売されています。名産品であるお茶の試飲もありました。

おまけ☆フォトスポット?

記念にいかがでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました