【ヘンリー王子夫妻王位返還】公費辞退!2人の資産と今後の収入源は?

ヘンリー王子、メーガン妃夫妻が今春には王位返還となることが発表されましたね。

【ヘンリー王子、メーガン妃】称号剥奪!これからの称号はどうなる?

ヘンリー王子とメーガン妃に対して、これからは『殿下▪妃殿下』は使用できません。

今後、ヘンリー王子は『サセックス』の爵位は継続されるようです。

【ヘンリー王子、メーガン妃】公務引退についてエリザベス女王の声明

以前より話題になっていたヘンリー王子夫妻の王位返還ですが、1月18日にエリザベス女王より正式に声明がありました。

声明文によりますと、

ヘンリー王子夫妻とその子であるアーチーちゃんが独立した生活を送りたいという希望を指示するということ、3人はこれからも自分の大切な家族であること、メガン妃が迅速に王室に溶け込んでくれたこと(?!)を誇りに思っていること

などが述べられています。

【ヘンリー王子、メーガン妃】これまでの収入源は?

王族であるヘンリー王子夫妻。

メディアで見る彼らの生活は大変豪奢できらびやかなものですが、王族の収入源はどうなっているのでしょうか?

税金ですべて賄われているのか、他に何があるのか、庶民にはなかなか想像がつかないですよね!

ヘンリー王子の年間収入について、サンケイスポーツで紹介されていました。

実はヘンリー王子の年収は約3億2970万円で、内訳は王室助成金(税金)が約1600万円▪コーンウォール公領からの収入が約3億1300万円ということです。

【ヘンリー王子、メーガン妃】これからの収入源は?

ヘンリー王子は王室を離脱するにあたって、離脱後は現在受け取っている王室助成金は受け取らないようです。

年間収入の9割以上を占めるコーンウォール公領からの収入についてはまだ不透明ということです。

王室助成金は国民の税金なので、受け取らないのは当然としても、

コーンウォール公領はヘンリー王子の父親の領地なのですから、親子の縁を切ったわけではないですし、問題ないような気がしますが、どうなのでしょうね?

また今後ヘンリー王子夫妻に新たに見込まれる収入源についてですが、海外のメディアでは、二人の知名度を利用すれば広告費が500万ポンド程度は見込めるという噂や、グーグルやアップルなどの企業からオファーが来ているという噂もあります。

もし有名企業の大使を引き受ければ5000万ポンド(71億7000万円)の収入は見込めるという話もあります。

その前に現在の二人の資産は約48億7000万円ということですから、今後、二人の前途にお金に関しての心配は無さそうです!

現在、ヘンリー王子は英国でメーガン妃はカナダに離れて生活していますが、二人はどうなるのでしょうか?

【メーガン妃が滞在しているバンクーバーの邸宅】

イギリス国民同様、これからもヘンリー王子夫妻の動向に目が離せませんね。

タイトルとURLをコピーしました