【鹿児島メモリアルマッチ】卒業生の部活動区切りの場に

鹿児島県高校総体はコロナで中止

 鹿児島県高校体育連盟は5月13日、新型コロナウイルスの感染防止のため、県高校総体を中止にするとこを決定しました。

感染者の少ない鹿児島県でしたが、やはり6月開催予定の高校総体は難しかったようです…。

中学生▪高校生の部活動の時間は特別

これまで放課後や休日に部活動を一生懸命頑張ってきた生徒や顧問の先生、外部コーチ、応援してきた保護者、そして誰よりも卒業を控えた3年生はどんなに残念かと思います。

中学校▪高校の部活動って、特別なんですよね。

自分にとって部活動の友達って、クラスの友達とは違う団結力がありましたし、子供の部活動の保護者同士も連帯感がありました。

子供の応援に熱くなって、最後の大会ではお母さん同士抱き合って涙したものです。

大学や社会人のサークルでは絶対に味わえないものがあります。

『かごしまメモリアルマッチ2020』開催決定!日程は?

全国でも高校総体の中止に伴って、せめて小規模でも、部活動の区切りの場を設けようという動きが始まっているようです。

鹿児島県では鹿児島県高校体育連盟が4月27日、『かごしまメモリアル2020』を開催すると発表しました。

県高体連によりますと「かごしまメモリアルマッチ2020」は、学校単独もしくは2校から4校程度による開催とし、感染症防止策の徹底とけがや熱中症の予防に十分な練習量が確保できた時点で実施できるということです。
また複数校で実施する場合は、県教委が定めた練習試合などの制限が解除される6月13日以降に開催できるとしています。

これまで練習に励んできた生徒の活動の区切りとなり、新たな目標に向かって気持ちを切り替える起点を作ろうというのが目的のようです。

鹿児島県、中学校の大会▪試合は?

鹿児島県では中学生の大会▪試合も縮小や中止の方向です。

詳細は地区や競技でそれぞれかもしれませんが、総合体育大会も地区大会で勝ち上がっても県大会はなし、また開会式閉会式はなしで、少人数での表彰式などが予定されているようです。

無観客試合とのことで、引退前の3年生のお母さんはとても残念そうでした。

もちろん命にはかえられませんが、今年の卒業生は本当にかわいそうだなぁと思います。これからの受験や就職活動に影響がないように政府も考慮していただきたいです。

タイトルとURLをコピーしました