【いのちだいじに】自覚症状あり!相良病院付属ブレストセンターに乳癌検診にいってきました

日本人の4人に一人が癌を経験すると言われています。

さかんに、定期検診と早期発見が叫ばれていますね。

ブレストセンターの乳癌検診は予約必須。ただし自覚症状があるときには相談を

7月22日。定期検診ではなく、自覚症状があって、相良病院付属ブレストセンターを来院しました。

相良病院付属ブレストセンターの乳癌検診は基本的に予約制なのですが、評判が高く、なかなか希望の日時で予約がとれなかったりします。

ですが、検診で精密検査をすすめられたり、現在症状がある場合(しこりがある、痛みがある、分泌液が出た、など)は、当日外来で受け付けてもらえます。

当日診察は、受付時間が決まっており、10時3014時30分のみです。 

最新の情報は相良病院ブレストセンターでご確認ください。

Ǖa@ uXgZ^[bЉÖ@l@Ǖa@bX}[gtHTCg

もしも、自覚症状があって不安な方は予約の電話の際に、その旨を伝えて相談してみましょう。

7月18日、片方の乳管から黄色い分泌液が

7月18日に左の胸を圧迫した際に、乳管から分泌液が出てきました。

2~3日前からなんとなく左の胸が張るような痛みがあったので押さえてみたときです。

(現在私は妊娠中や授乳中ではありません。)

透明かと思いましたが、ティッシュでとってみたら黄色でした。

7月19日、今度は茶色の分泌液が

翌日、入浴のときに恐る恐るまた左胸を圧迫すると、今度は昨日よりも若干色の濃い茶色の液体が出てきました。

19日は金曜日。大事な予定がありましたがキャンセルして、来週早々の病院受診を決心しました。

7月22日、相良病院付属ブレストセンターを受診

ドキドキしながら迎えた当日。

外来受付時間より30分ほど早く来院。

受付は2階なので、入り口入ってすぐのエレベーターで2階へ向かいます。

待合室の大きな窓からは再開発のための工事が進められているのが見えました。

シェラトン鹿児島もあのへんに出来るのかな?

☆マリオットグループのホテル、おすすめです。添い寝年齢が高いホテルが多いので、子連れ旅行には最適だと思います。

【3人子連れでUSJ ▪大阪マリオット都ホテル編】クラブラウンジでアーリーチェックイン | 地方のアラフォー主婦がやりたいことをやるブログ

ブレストセンター 乳癌検診の手順と気をつけること

受付が済んだら受診票を受け取って3階の乳腺科へ行き、着替えのためのロッカーの鍵をいただきます。

鍵に書かれたアルファベットと同じアルファベットのロッカーを使用します。

急いで撮ったのでブレました。

ロッカールームに検診のためのシャツが置いてあるので、上は全て脱いでシャツを羽織ります。

肩にスナップで、ウエスト部分は紐で結ぶようになっています。

乳癌検診のときは上下が分かれた服を着て行くように気を付けましょう。

ブレストセンターの乳癌検診ってどんなことをするの?

今回、私は自覚症状があっての外来診察でした。

今まで同じくブレストセンターで定期的な乳癌検診を受けていましたが、今回の外来診察と内容は全く同じでした。

内容は、問診票記入→マンモグラフィー→エコー→診察です。

乳癌検診って痛いって本当?

「乳癌検診は痛い」

って聞きますよね。本当なのでしょうか?

20代からほぼ毎年乳癌検診を受けているアラフォー主婦ですが…

はっきり言って乳癌検診は痛いです。

何の痛みかというと、マンモグラフィーの機械で乳房をはさみつける(どちらかと言えば押しつぶす)痛みです。

ですが、個人的には我慢できないほど痛かったことはありません。

ただ、どれぐらい痛いかはかなり個人差があると聞きますし、生理前の胸が張っているときよりは、それ以外のときの方が痛みが少ないようです。

検査の方は「我慢できないほどいたかったら無理せずに言ってくださいね」と声をかけてくださいます。

長くなったので、次の記事に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました