ハウステンボス子連れブログ②おすすめはホテルアムステルダムで添い寝 クラブラウンジが素敵

鹿児島在住のすみれが3人子連れで春のハウステンボスを楽しんだ旅行紀です。ハウステンボス子連れ旅行紀①はこちらからどうぞ↓

ハウステンボス園内のホテルアムステルダムは子連れに超おすすめ

私たちが泊まったのは、テーマパーク内唯一のホテル、ホテルアムステルダムです。なんといっても広大な敷地のハウステンボス。そのほぼ中心に位置するアムステルダム広場が目の前という好立地は子連れや高齢の方のいるファミリーには最適だと思います。

それにホテルアムステルダムはハウステンボス公式の3ホテルの1つですので、宿泊者はさまざまな特典が受けられます。

ハウステンボス直営3ホテル 10大宿泊特典 - ハウステンボスリゾート
ハウステンボス直営3ホテル 10大宿泊特典 ハウステンボス直営3ホテル 10大宿泊特典

ホテルアムステルダム ローラアシュレイルーム 添い寝できる?(実際の添い寝写真あり)

ホテルアムステルダムにはローラアシュレイルームというクラブレベルのおもてなしを受けられるお部屋があります。お部屋の中がローラアシュレイのものでそろえられた可愛らしいお部屋で、アメニティも他のお部屋よりもランクが高いものが用意されています。そしてローラアシュレイルームの1番の特典はクラブラウンジが利用できること!実は私、クラブラウンジが大好きなのでもちろんローラアシュレイルームに宿泊しました。

子連れファミリーにとって、添い寝の条件や年齢は非常に気になるところ。ホテルアムステルダムは小学生以下添い寝🆗です。ビジネスホテルや外資系のホテルでなくて、小学生以下添い寝無料のホテルはめずらしいですよね。ただし、ローラアシュレイルームは別途クラブラウンジ使用料として、添い寝1名につき7000円を支払わなければなりません。

ベッドはセミダブルサイズです。実際に寝ているところを撮影してみました。多少お見苦しい写真ですが参考にどうぞ↓

いかがでしょう?真ん中のベッドに寝転がっているのは夫(170㎝)と次男(小学生2年生)です。寝られないことはないけれど、窮屈そうですよね。

実際に夜眠るときには①夫②長男(中1)と次男(小2)③私(157㎝)長女(小4)という組み合わせで寝ましたが、いつの間にか次男はソファーに移動して寝ていました。(暑かったらしいです)

小学生でも高学年や体の大きい子供さんにはちょっと窮屈かもしれませんね。

ホテルアムステルダム クラブラウンジの営業時間・メニュー

クラブラウンジの営業時間は7時~22時までです。ただし、ナイトキャップの時間帯は中学生未満のお子様の利用はできません。

○朝食【7:00~10:00】ビュッフェ(スパークリングワインあり)

○リフレッシュメント【11:00~14:00】(連泊者対象)

○アフタヌーンティー【14:30~16:30】(写真あり)

○オードブル【17:00~19:30】(アルコールあり)

○ナイトキャップ【20:00~22:00】(中学生以上)

ホテルアムステルダム公式サイトより

ホテルアムステルダム クラブラウンジのアフタヌーンティー

ローラアシュレイルームの宿泊者は、フロントでなく、クラブラウンジでアフタヌーンティーでおもてなしされながら優雅にチェックインです。いかにも、といった感じの気品漂うホテルマンがアフタヌーンティーセットを用意してくださり、次男は変に緊張していました。

アフタヌーンティーの時間帯はこのセットの他にも1段目のクロワッサンサンドや焼き菓子などがビュッフェ形式で好きなだけいただけます。ちなみにこんな普通のおやつもあります↓

ホテルアムステルダムのクラブラウンジは食事がわりになる?

なります!少なくともうちはクラブラウンジで食事は済みました。良かったらコチラのブログに内容を詳しく書いていますので、興味のある方は参考にどうぞ↓

ハウステンボス ホテルアムステルダムのアフタヌーンティー | 地方のアラフォー主婦がやりたいことをやるブログ

ハウステンボス子連れブログ③に続きます。

おまけ☆ホテルアムステルダム宿泊者がもらえる仮面舞踏会のマスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました